幼児教育は母親にとっても育児力向上の場である

2015年7月26日

幼児期に専用の教育を受けさせる幼児教育の重要性がささやかれている中、日本各地に幼児教室ができており、教育熱心な親はわが子を幼児教室に入れているという人も多くなってきています。幼児教室に通うのであれば、幼児教育についての重要性を理解することが大切です。幼児教育への重要性は大きくわけて2つあると言われています。1つ目は子供の脳の発達に有益であるということです。脳の発達は3歳までの80%が完了してしまうと言われています。つまりこの時期までに脳の発達に有効な良質な刺激を与えてあげることが残りの人生に大きな影響を与えると言われています。2つ目に子供だけでなく、母親の育児力の向上にもつながると言われています。幼児を育てて教育するためには、子供だけを教育するのでは意味がありません。育てる親つまり母親が教育できるスキルを手に入れなければなりません。幼児教室は母親にとっても重要な学びの場ですのでたくさんのことを吸収しましょう。

世界の幼児教育

2015年7月22日

世界の幼児教育は日本の幼児教育とは全く異なる考え方をしているところもあります。また教育者が一方的に生徒に教育を行っていくスタイルが一般的な日本ですが、テーマや問題が出た時に、生徒たちが協力をして解決法を見出していく生徒が主体となる教育システムをと入れるところもあります。このように世界で行われる幼児教育の考え方、自主性を重んじる教育方法は、グローバル化が拡大する現代にとっては非常に必要とされるでしょう。ただ言われたことをそのままこなすだけの人間では面白みがありません。つまり現代ではリーダーシップをとれる人材が求められており、そのような人材をつくるためには自分で解決する心を持っていることが重要になります。世界での幼児教室は日本とはスタイルが異なるところもあります。育児のやり方は様々ですが、自分の考えや子供にあった幼児教室を選ぶことが重要でしょう。スイスではジャンピアジェの幼児教育法は世界的に有名です。

何かに興味を持つ力

2015年4月18日

幼児教育で子どもの中に培いたい能力は、学校のテストで良い点を取る力、学校の勉強の知識を幼いうちから詰め込むこと、ではなく、何かに興味を持つ力、その最初に抱いた興味を持続させる集中力、そして新しいことに取り組む力です。これらの力が学力そのものにも結びついていくからです。こうした能力は幼児期にその基礎が形作られると言われています。幼いうちにこうした能力を身に着けているほど、後に学校生活を楽しむことができる子どもになれるわけです。こうした力は実は家庭の中で育むことができます。子どもは幼児期に様々な事柄に興味を示します。目にするもの、手に触れるものに対してです。ですから、見るものや手に触れるものが多いほど、興味を示すこともそれだけ増えるということです。そして、興味を示したことに対して親が笑顔で肯定的な反応を示すなら、子どもは興味を持つことに喜びを覚えるようになります。このようにして何かに興味を持つ力が養われていくのです。

ドラえもんがトレードマークのドラキッズ

2015年4月16日

幼児教室は様々なところで行われていますが、ショッピングセンターなどに併設されている幼児教室もあります。そのような幼児教室は目につきやすいので知っている方も多いでしょう。ドラキッズもその1つ。ドラえもんがトレードマークの幼児教室なので、子供たちは楽しみながら様々な幼児教育を学ぶことができると言われています。教室にもドラえもんがいますし、使用する教材にもドラえもんが描かれているので普通の教材では興味を示さないようなお子さんや机に使って作業をするのが得意でないお子さんにもおすすめと言えます。子供が好きな幼児教室第1位にも輝いており、その人気は非常に高いでしょう。体験教室などは実施していないので、実際に体験してから決めたいという人にはあまり向いていません。しかし資料請求すると幼児教育に関する教育オフ新などは分かるでしょう。教材などが好きな子供さんであればわざわざドラキッズにしなくてもOKでしょう。日本学校図書による家庭保育園の教材は中身も濃く、充実した内容になっているので楽しく学ぶことができますよ。

右脳教育で得られる益とは

2015年3月30日

幼児教育についてご自身でお調べになったことのある方であれば、右脳教育という言葉はきっと聞かれたことがあると思います。よく言われるのが右脳教育は天才を育てる、といったことです。人間の脳にはご存知の通り、右脳と左脳があるわけですが、有名な学者やスポーツ選手などの天才といわれる人たちは、右脳型といわれることが多いですよね。野球の長嶋茂雄選手などは右脳型の代表のようによく紹介されています。右脳というのは見たものを記憶し、イメージをもとに思考するといった部分をつかさどっています。つまり想像力や直感を働かせるときに使われる脳ということになります。ですから右脳が発達した子どもはひらめく力や創造力が非常に強く、いわゆる天才タイプになりやすい、と言われているのです。実際に右脳教育を受けた子どもがすべて天才になるわけではないかもしれませんが、こうした教育を通して、音楽や絵を描くこと、スポーツといった分野の能力が向上するなら、人生を豊かにする上で役立つことは間違いなさそうですね。

親子の関係から始まる幼児教育

2015年3月23日

幼児教育の基礎となるのはやはり親子の関係です。とりわけ母親との関係は非常に重要です。なぜなら、幼児にとって最も多くのことを学ぶことのできる相手は何といっても親だからです。幼児は親に愛されているというその安心感こそが楽しく学ぶことにつながります。もし、親の愛情や関心を感じることができないなかで、いわゆる教育がなされてしまうと、それは幼児に対して、学ぶことは苦痛であるというメッセージを伝えることになってしまうのです。そのような幼児教育を受けた子どもは就学後に大きな問題を抱えることになりかねません。とりわけ健全な心を持つことが難しくなります。他の人を思いやる気持ちや、人と協調して物事を行うことが難しくなるケースが多いようです。親であれば、誰でも勉強だけができる子どもになってほしいとは思わないはずです。ですから、幼児教育を考える際にはまずは親自身の子どもとの関係を十分に考えたいものです。そこから幼児教育は始まります。

幼児教室の講師のクオリティー

2015年3月18日

幼児教育を専門的に行う幼児教室は色々なタイプがあり、料金設定や教育方針、先生の質なども教室によって異なります。全国規模で行われている大手の幼児教室の場合、カリキュラムがしっかりしており、料金設定なども明確化されています。

また講師の研修制度などもしっかりしており、採用基準に関しても厳しいことが多く、研修なども定期的におこなって講師の質の維持を行っている幼児教室も多いでしょう。幼児教室の良し悪しは講師のクオリティーによって決まるといっても過言ではありません。

講師の質が高ければ子供の知能は高まり、脳の発達を促してくれるでしょう。しかし講師の質が悪かったり、やる気がなかったりするとせっかく通わせているのに、よい刺激を受けることなく終わってしまうこともあるのです。また母親が先生を信頼できるかどうかも重要なポイントです。

先生と生徒、先生と母親の信頼関係が成り立ってこそ、幼児教室を上手く利用することができます。家での育児では疑問や悩みを解決できない場合でも、幼児教室に通うことで講師からアドバイスをもらうこともできるでしょう。

そもそも、先生は親であるという概念でやっている日本学校図書の家庭保育園は、そういう意味では、安心ができる、また理解を得られる幼児教育法であるといえるでしょう。

以下のサイトに日本学校図書のYahoo知恵袋があるので参考にしてみるとよいでしょう。

日本学校図書の「ビッテ式 家庭保育園」をやっている

幼児教室は母親を育てる場である

2015年3月16日

日本学校図書教材が注目されています。幼児教育の老舗である家庭保育園の教材は、母親と子供の早い段階による、絵本による心の教育が見直されているようです。

わかい時から、脳に刺激をあたえる教育法もあるようですが、こういったことよりも、適切な母親の愛情による幼児教育が、本当の心を育てるEQ教育とIQ教育どちらもできるのが注目の理由です。

最近では生まれてすぐの赤ちゃんから幼児教育をスタートさせる親が多いです。しかし大切なのは0歳から幼児教育を行うことではありません。早期教育や先取り教育がよいのはもちろんですが、子供を伸ばすための育児はその子にあった教育を適切な時期にやらしてあげることが大切なのです。つまり適切な環境を子供に提供してあげる適期教育が重要になってくるでしょう。

幼児教室は子供のための習い事と考える人がほとんどですが、実は本当の生徒は母親であると言われています。母親が家庭内で叱らずによい親の姿を見せる育児が出来ているかは子供の脳力を高める上でも非常に重要なポイントになってきます。子供を伸ばす教育方法は、家庭での実践も必要であり、母親が毎日繰り返して教えてあげることが重要になります。親の育児の仕方に関しても、幼児教室ではアドバイスをくれるので、新米ママなどは子供と一緒に幼児教室に通うことで色々な情報を得て、学ぶことができるでしょう。

子供を賢く育てるためには環境を大切にする

2015年3月11日

人の知性は遺伝と環境で決定すると現代の科学では言われています。つまり子供の知能というものは、親から受け継がれた遺伝的な部分だけではなく、誕生してからその子を取り巻いている周囲の環境が重要になってくるのです。

例えば、小さい頃から音楽の刺激を受けて育った子は音楽的な才能が開花しやすいと言われています。英語圏で英語を話すことができるのも、取り巻く環境によるものなのです。つまり子供の知能を高めるためには、よりよい環境下で子供に教育を行うことが大切なのです。

日本学校図書は、3歳までの幼児期の教育に力を入れており、親子の触れ合いから子供を育てるという視点をもっているようだ。

特に3歳までの幼児期は、子供はあらゆることを吸収する時期であり、与えられたものを全て遊びとして受け止めることができるのです。幼児教室はこの3歳までの幼児期に行える教育を家庭に育児に変わっておこなってくれるのです。家でただ平凡に暮らしているだけでは得られない様々な体験や刺激を通して、その子の脳はさらに発達していくのです。幼児教育を意識するのであれば、まずは親が幼児教育に関してきちんとした知識を持つことが重要でしょう。

いろいろな方法で配布できる

2015年3月3日

通常起業の会議では、多数の資料を作成して、参加者に配布するのが一般的になっています。いくら電子黒板が普及したとは言っても、資料の配布は欠かせません。インタラクティブホワイトボードであれば、作成した資料をいろいろな方法で配布することも可能になっています。
例えば会議の参加者がノートパソコンなどを持っていれば、持っているノートパソコンに資料を送って表示することも可能です。他の場所にある支社や営業所に必要な書類があるときには、メールに添付して送信することもできます。もちろん印刷して、通常の資料として配布することもできるのです。
このようにインタラクティブホワイトボードを使いこなすことができれば、いろいろな方法で資料を配布することができるようになるので、効率的な会議ができるようになります。資料をインタラクティブホワイトボードで表示して、書き込みをしたものを配布するということも当然可能なので、やはりインタラクティブホワイトボードというのは企業で使用するのに適しています。